スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU換算表。


●以下のデータは自分の記録用である。
 目安のため、ここでは仮に以下のように定義する↓

 Celeron - 2.4Ghz = Pentium4 - 1.8Ghz



だとして、これも目安ではあるが、、、


各数値はPentium 4の動作周波数を1とした場合、同じぐらいの性能の各CPUが何倍の動作周波数を必要とするか。

Celeron D:1.6倍
Pentium D:0.6~0.7倍
Core 2 Duo:0.35~0.4倍
Pentium M:0.5倍
Celeron M:1.06倍
Core Solo:0.5倍
Core Duo:0.4倍

上記の倍率は数字が大きいほどPentium 4よりも性能が低く、数値が小さいほどPentium 4よりも性能が上となる。

Pentium 4の性能を100とした場合の比較に直すと↓のようになる。

Celeron D:62.5
Pentium D:142~166
Core 2 Duo:250~285
Pentium M:200
Celeron M:94
Core Solo:200
Core Duo:250

◆CeleronMについては、CeleronM×1.5=Pentium4という見解もある。

この見解によると、例えば、CeleronMの1.6Ghzは 1.6×1.5= 2.4Ghz となり、Pentium4の2.4Ghz 相当となる。

ちなみに、Celeron M 430 1.73GHz ならば、 Pentium4 2.66GHz と同等のパフォーマンス。

Pentium4 - 2AGhz = Celeron - 2.4Ghz。


一覧表リンク

一覧表リンク2



スポンサーサイト

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

【ラルフ】

Author:【ラルフ】


↑ 【Click Me】
普段はセンセーをしながら、ときには作曲家、ギター・ベースのクラフトマンもやってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。