スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA『SOL2』をWindows7で使う方法(完全版)。



さて、多くの方々が挑戦され、見事Windows7環境でも使えることが証明されたYAMAHAの最高傑作DAWソフト『SOL2』ですが、、、

http://www.tonoko.info/2010/09/10/2542/


ボクがやってみたところ、最後の最後で、

『左上のテンポをクリックできない』

『シーケンスをスタートするとすぐに“ドロップアウト”がおきてしまう』

この2つの問題にぶつかりましたので、解決に至った際のメモを残します。

●左上のテンポをクリックできない。。。

これはWindowsのシステム設定を以下のように変更することで解決しました!

スタート → コンピューター → プロパティ → システムの詳細設定 → パフォーマンス → 設定 → 視覚効果 → “パフォーマンスを優先する”を選択。

これによって全体的に画面のデザインがショボくなりますが、SOL2は完璧に動作します♪

●シーケンスをスタートするとすぐに“ドロップアウト”がおきてしまう。。。

これは単純に機械的な相性です。

つまり、オーディオインターフェースとマザーボードのチップセットとの相性が悪いだけなのです。

オーディオインターフェースを別メーカー製の物に交換することで、おそらくは解決します。

当方はDELL製Inspiron1545にSOL2をインストールし、以下のオーディオインターフェースをつないでみました。

LINE6 ToneportUX1 → ×

Roland UA3FX → ×

Roland UA700 → ×

YAMAHA UW500 → ○

でした。

正確に言うとASIOドライバーの“カミ”が悪いのだと思います。

LINE6やRolandをつないだときは、ブチブチ音が切れ、すぐにドロップアウトしていたのに、YAMAHAにつなぎ変えてみたら今までの不具合がうそのように滑らかに再生されました!!


これでまたSOL2で仕事ができる。。。

よかった(^^)

ちなみに、そんなソフトで、、、と言われそうなので言っておくと、

“ソフトなんか別になんでもいい!”

ソフト自慢をしたいのなら、ここにもあらゆるソフトがそろっているさ(^^)

他のソフトもボクはずいぶん使ったが、“結局、これが一番バランスよかった!”ってだけだね。

それに慣れてる道具の方が直感的にいじれて作業が早いしね(^^)

ただ、マイナーなソフト使いだと、スタジオワークの時なんかは痛い目を見るので注意してほしいd(^^o)

いい物を使わないと良いものが作れないのも事実だけど、道具に目を奪われて“いいもの”を見失わないように。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

【ラルフ】

Author:【ラルフ】


↑ 【Click Me】
普段はセンセーをしながら、ときには作曲家、ギター・ベースのクラフトマンもやってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。